· 

にんげんと動物は違うことを*絵を描くことで体感できる「にじみ絵」


「にじみ絵」で動物を描くとき


背景を

動物より濃く描くようにと

R.シュタイナーが助言しています。

 

 


なぜ?


主役は動物なのに...

 


脇役であるはずの

「背景を濃くする」のは


なぜなんでしょう?

 

 

 

ーーー

 


動物は
環境からの影響を大きく受け、

 

行動は

本能に支配されています。

 

 

 

 

人間のように

 

環境を変えたり

自分自身を変えたりするのが


むずかしい。

 

 

 

 

だから、

 

 

にじみ絵を描くときにも

 

環境を表現する「背景」に

力を入れて

濃く描くのです

 

ーーー

 

 

イカの絵を描いてみました。

1枚目と2枚目の絵では

 

描き方を変えています。

 

 

1枚目は

イカの方が、背景より

濃くなっています。

 

「イカを描くんだ」という

人間の意識が

イカにつよく出ているのです。

 

 

 

 

2枚目は

より環境(背景)に
意識を向けてみました。

 


イカは全身で

周りの環境を感じています。

 

 

環境の中から、イカが

たちあらわれるように

 

自分の意識を変えました。

 

 

 

 

すると、

 


必要な

絵の具の濃さや

描く手順も

 

変わりました。

 

 

 

ーーー

 

 

 

 

こんなふうに、

 

「にじみ絵」を描くのは
毎回、
試行錯誤です。

 

 

 

終わることのないプロセスが

いつまでも続きます。

 

 

 


にんげんだもの。

 

 


「にじみ絵」で(試行錯誤しながら)子どもと芸術で語ることのできる

大人を育てるコースです。


【名古屋】月1回/日曜日コース  *詳細(6/24スタート)


大人の寺子屋は

シュタイナーの言葉に真剣に取り組む時間
試行錯誤をともにできる友を得る場所になります。

 

子どもと大人が芸術的に学ぶ*画房寺子屋

 

 

子どもクラス★シュタイナーの水彩画

>【愛知豊川】2018年度1学期*詳細

 

 

 

大人の寺子屋★「にじみ絵」技能習得プログラム

>【名古屋】月1回/日曜日コース*詳細

>【愛知豊川】ほぼ毎週/金曜日コース満席

 

 

大人の寺子屋★バイオグラフィーワーク

「人生の物語」の謎解きを支援するワーク

>【愛知豊川】第1期受付終了 

 

>バイオグラフィーワークについて