魂のこよみ

魂のこよみ · 2018/05/20
アジサイの花が色づいてきました。 今週は、気温が急に 上がる日がありました。 突然、夏が来たかのような 暑さが続くと わたしは少し 怖さと焦りを感じます。 「考えることが出来なくなる!」 暑さに体と意識がひっぱられて まぶしい日差しの輝きのなか 自分を取り戻すことが 難しくなるのが分かるからです。 息を 吸ったり吐いたりするように 自分の意識も...

魂のこよみ · 2018/05/06
子どものころに考えていた。 わたしが何かをするとき わたしをTVカメラのように追う もう一人のわたしがいる、と。 大人になったいま、 あらためて二人のわたしを思う。 緑がチカラを増すこの季節、 わたしの魂は大きく広がっていく わたしはさらに広いアングルで わたしを捉えようとする。 第1週がキリストの復活なら 第5週は人間の魂の復活。

魂のこよみ · 2018/04/25
「はいっ」て手を挙げているみたい だけど、これは 「い」の動き。 「わたし」「ひかり」「ひとり」 って、みんな「い」がある。 天と地を結ぶ 「いのち」。 「ひと」と世界を 「ひとつ」につなぐ。

魂のこよみ · 2018/04/24
自分を知りたかったら周りを見よ。 世界を知りたかったら自分のうちを見よ。 (ルドルフ・シュタイナー) ーーー 車椅子の犬につきあって 朝夕、毎日1時間ずつ外を散歩していたため わたしの人生のなかで もっとも植物を観察した春になりました。 「そういうふうにできている」 それは植物だけでなく 自分自身にも言えること 「そういうふうにできている」...

魂のこよみ · 2018/04/15
自然界の勢いのある芽吹きに わたしは引き込まれ みずからを失う 人間の個性は 考えることではなく 行動することで芽生える 他者に委ねることなく 現代のわたしは自分の手足で自分の未来をつくる

魂のこよみ · 2018/04/06
雨がふる前に 車椅子の愛犬と散歩にでかける

魂のこよみ · 2018/03/30
日本各地から あわただしく「桜満開」の知らせが。 今年の冬は 寒さが厳しかったハズなのに このところ 25度を超える夏日が続いて 桜が開花から3日で満開に! 1日でも植物を見ないでいると 姿が全く変わってしまう。 いのちのほとばしりを 植物から受け取りにいこう きっと、人間を 植物も待っている。 春は 新しく つながろう! ーーーー...

魂のこよみ · 2018/03/18
芽吹いた草花を 愛でることから一歩踏み出し 意識して観察してみよう 冬の考えるチカラが 春の感覚するチカラと出会うとき 目に見えている「いま」とともに 過去と未来のあり方を 植物が明かしてくれるように

魂のこよみ · 2018/03/14
冬の魔法使いの呪縛をほどき いのちあふれる春がやって来ました でも、まだ魔法は 完全には解かれていません 妖精や妖怪が人間の子どもを求めるように 自然は人間を求めています 人間が気づき、愛でて欲しい 人間だけが持つ「自我」とつながりたい 美女の愛が 野獣の魔法を解くように 人間の自然界への関心と思考は 地に縛られた自然を解放します...

魂のこよみ · 2018/03/11
大地から春の息吹が聞こえ 天からは陽の光が降り注ぐ いま 双方のチカラが出会い すべてのものが 新しく生まれ変わろうとしている ひとつのものが終わり 新たなものが始まる 2018年3月11日 東日本大震災と原発事故から七年

さらに表示する