教育コミュニティ

教育コミュニティ · 2018/05/17
娘の様子がおかしくて 何かチカラになれないかなと 自分がうまく言った時の 話をすると「自慢」 心配な要素をあげて 注意を促すと「阻害」 してるみたいになってしまった。 う~ん。 これって、 自分がされたことを なんの加工もせずに そのまま周到しとる。 それでも チカラづけに失敗したことは わかったので、謝る。 【反 省】 自分が話し過ぎた。...

教育コミュニティ · 2018/05/14
春休みに20歳の息子と「青春18切符」で出かけた 御殿場フォーラムの感想追記です。 息子はシュタイナー学校ではなく 地元の小中学校に通い、 自宅アトリエの土曜クラスで学びました。 彼は、小学1年生の夏休み前から数年間、 学校の授業に参加していません。 わたしは、そんな彼が アントロポゾフィー/人智学の人々を どう感じるのか、関心がありました。...

教育コミュニティ · 2018/05/09
大人がしあわせであることが 子どもをしあわせにするのなら、 いまわたしができることは まず自分がしあわせであること。 しあわせであるというのは わたしがわたしである状態。 そのしあわせを感じているわたしが、 自分から渡せる精一杯のものを 大人の方へ手わたししたいと思う。 この時、その場にいる人々が あなたもわたしも美しい。...

教育コミュニティ · 2018/05/08
何かトラブった時に 「なぜ?」と考えるか 「どうする?」と考えるかで ずいぶん状況が変わります。 あぁぁそうです! 昨日もやっちゃいました! (ごめんなさい!Nさん) これはもう断然 「どうする?」をお勧めします。 なぜなら、 「どうする?」は (いまから)どうする?と 未来に向かっているから。 「なぜ?」は (何が原因だったのか?)と...

教育コミュニティ · 2018/05/05
スークには、ゆったりと流れる時間があります。 言葉を交わしたことをきっかけに 新しい出会いが生まれます。 そして、 言葉によらない 自分との対話が 「手仕事」なのではないかな。 今回のスークに用意した 2つ目のワークショップは 「蓮と羊毛フェルト」作りでした。 参加者の作品の一部を紹介します。

教育コミュニティ · 2018/04/21
*オルタナティブ教育=非伝統的な教育。 *マインドマップ=頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツール。 今日はネットでつながった オルタナティブ教育の女性と駅で 落ち合い、 和風コメダの「おかげ庵」で 朝ミーティング。 ひとしきり、 お互いの過去と現在の話を 語り合ったあとで 「では、これから具体的に何がしたいか?」...

教育コミュニティ · 2018/04/18
つい最近、自分で自分のしてることに気がついた。 「あれ?わたし、いま鼻唄うたってる?」 うたえるようになったんだ…。 ーーーー 「自立」と「つながり」はセットなんだって思ったんだよね。 自分で自分に似合う服を選び、好きなものを作って食べることができるって、 つまりは自分で自分を楽しませることができるということ。...

教育コミュニティ · 2018/04/14
*画像はLeben aus anderer perspektive 異なる視点からの生活HPから。 「社会イニシアティブ・世界フォーラム」、4/1日のヘンリー・サフィアさんの「スイスの新しいソーシャルワークの概念」分科会からのレポート2です。 大部屋から個室にして、良質な作品を生み出す作業所に変わった実例を示してもらいました。 >レポート1 そして、...

教育コミュニティ · 2018/04/10
*画像は「きちんとしよう」とすると、狭いエッジの山道を渡るような、精神的にギリギリの毎日になる様子。 わたしも、かつてはそうだった。 車で帰宅するとちゅう 20時過ぎに幸田駅前書店へ寄って 店主にコーヒーを入れてもらいながら 「つかれたな~」とウダウダしていたら、 2歳くらいの小さな子を連れた 若いお母さんが入ってきました。...

教育コミュニティ · 2018/04/09
これを実践し続けた学級は、 教師は、生徒たちが生き生きと 自分たちで学級活動を楽しんでいるのを見守るだけ。 生徒同士で学習活動も助け合うから 落ちこぼしはゼロになりました。 一体、どのようにして達成されたのか。 高校の理科教師だった 実父の実践を共有します。 ーーーー 新年度のはじめに行うべきたったひとつのこと。 それは、 授業開きを...

さらに表示する