イベント・ワークショップ

*画像は「ミニ素数糸かけ」 年に1回、 全国に散らばるクラフト作家が 鳳来寺表参道にある木造校舎 「旧門谷小学校」に集まります! 画房寺子屋も 数の美しさを感じる 「ミニ素数糸かけ」と 色と自然素材の手触りを楽しむ 「羊毛と蓮」のワークショップで 出店します。

スーク緑の10日間(愛知県新城市)でおこなった 2つのワークショップを 新城の山を降りた豊川市内で、おこないます! 「蓮と羊毛フェルト、三角形の糸かけWS」 1日で2つの手仕事ワークショップを体験できます。 フェルト針でチクチク刺して作る作品と、 針でカードの穴に糸を通して作る糸かけです。 糸かけは、...

4/22の金星軌道の糸かけの補講をおこないました。 これで参加者の6名全員が完成!おめでとうございます。 ▲「規則的と機械的はちがうわ」というMikiさんの作品。 「規則的で美しい...」 初めての糸かけが、上級者向きの「金星軌道の糸かけ」 というチャレンジャー。 でも、さすが!オイリュトミストです。 五角形の動きが、体の中に入っていらして...

先日4/22おこなった「金星軌道の糸かけ」 完成画像が届きました! 上の画像はJunkoさんの作品。

8年ほど前に始まってから ずっと出店し続けている カフェ爾今(にこん)主催のクラフト市。 今回のスーク/緑の10日間には、 2種類のワークショップを準備して 2日間出店しました。 そのひとつ「三角形の糸かけ」。 参加者の作品の一部を紹介します。 選ぶ色に、 その人の個性がにじみ出ます!

参加者のお一人、 岐阜県各務原市にある シュタイナー教育・ライアー・工作材料の ビーンズさんの作品です。 今回は、難易度の高い作品作りでした。 そのため、募集する際には 「素数糸かけ」作りを経験したことのある方 としました。

京都の友達の家に泊まって、今日は金星軌道の糸かけを二人で行っています。 地球が約365日で太陽の周りを1周するのに対して、金星は約224日。 地球と金星の公転周期の比率は13対8。 イラストボードにその比の数の 穴を開けて糸掛けをします。 なかなか集中力のいる作業です。 途中で、どこへ向かっていたのか 自分の立ち位置を見失うことも。...