エッセイ · 2018/01/11
何年か前に読んだときにも興味深かったが、いま思うと、わたしは頭で理解して、自分の知識をほんの少し増やしただけだった。 それから、自分の人生でも大きな波をかぶり、藁にもすがる思いで再び手にとった。 言葉の一つ一つが、わたしのこころの傷に染み込んでいった。 それは、わたしを慰めるだけでなく、きびしく問うものでもあった。...

子どもクラス · 2017/12/26
子どもたちと新しい漢字を学ぶのは、1日3文字がいい感じ。(シャレでなく) そこを6文字いっちゃいましたからね。絵文字とはいえ… そこは、毎日ある学校とは違う日曜クラスや集中クラスの辛いところ。 それでも、なるべくゆっくり、ゆっくり。 手本で用意した全体像のクレヨン画(本来は黒板画)を目にしながら...

子どもクラス · 2017/12/25
はだのいろは ちがっても かげのかたちは みなおなじ人

子どもクラス · 2017/12/25
(クラス前日12/24の確認メールより) こんにちは。 今日はクリスマスイブですね。 きっと今夜は、ご家族で特別な夕食をいただくのでしょう。 クリスマスイブの食事と、翌朝のプレゼントは 子どもの頃のわたしにとっても、一年で最大の楽しみでした! ...大人になって、静かなクリスマスがあることを知りました。...

子どもクラス · 2017/12/24
日 時 A.1/9,2/13,3/13(火) 15:45~16:35/16:45~17:35 B.1/23,2/20,3/20(火) 15:45~16:35/16:45~17:35 場 所 画房寺子屋/豊川市平尾町 対 象 園児から小学生(定員各4名)

大人の寺子屋 · 2017/12/12
人生を、存在の意味を、より意識的に より明らかに より豊かにする、自己教育のワーク。

大人の寺子屋 · 2017/12/06
いまは、 様々なところで「糸かけワークショップ」に参加する機会があります。 その中で、 「子どもと大人のシュタイナー教育」画房寺子屋がおこなう「糸かけWS」の特徴は まず「素数とは何か」のミニ・エポック授業が受けられます 数学者の言葉「宇宙は素数でできている」の理由を、一緒に探ります 糸を張る時の手触り、糸ずれの音が心地よい、絹糸を使います...


エッセイ · 2017/11/19
「ミニ素数糸かけ」ワークショップには、子どもさんと大人の方が半々の割合で参加してくれました。 今回は、板に30本クギが打ってあります。 そして いくつかある素数の、倍数の位置にあるクギに、色糸をかけていきます。 どのクギになるかを計算でもとめるには、(クギは30本しかありませんから)かけ算と引き算が必要になります。 そのうち...

子どもクラス · 2017/10/29
9年ぶりにアトリエでエポック授業をするために 朝、室内を「ハレルヤ」で清めました。 教師のための祈りの言葉 低学年のお祈りの詩 やがてやってくる 子どもたちの顔を思い浮かべながら 声に出して唱えます。 エポックの時間... にじみ絵クラスとは少し違う空気を 子どもも、わたしも、受け取ったと感じました。 台風も、子どもたちが帰宅する時間まで...

さらに表示する