· 

独立した個人同士のつながりで、マインドマップを描いてみた

オルタナティブ教育=非伝統的な教育。

マインドマップ=頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツール。

 


今日はネットでつながった

オルタナティブ教育の女性と駅で

落ち合い、

 

和風コメダの「おかげ庵」で

朝ミーティング。

 


ひとしきり、

お互いの過去と現在の話を

語り合ったあとで

 

「では、これから具体的に何がしたいか?」

 

という話になって、

 

交互にマインドマップ

描いてみました。

 

 

 

「マインドマップのワークショップをしているみたいね」

 

 

一人がつぶやきながら描いて、

もう一人が、

つぶやきに答えたり

質問をしたりする形で行いました。

 

 

 

 

この方法は、オススメです!

相方が声かけをすることで、

 

相手との対話、自分自身との対話が

 

目に見える形となっていきました。

 

 

 

 

出来上がった

2枚のマインドマップには

共通する言葉があり、

 

そこで、

二人のマインドがつながりました。

 

 

 

グループ・マインドマップという

共同で1枚のものを描く方法が

あるようですが、

 

今回は、対話を通して

それぞれ1枚ずつ描きました。

 


「独立した個人同士のつながり」

 

に、ふさわしい描き方です。

 

 


一人きりで

集中して描くのも良いですが、

 

たまにはこんな方法も

「アリ」だと思いました。

 

 


「こころで学ぶ。芸術によって学びを温める」

子どもと大人が芸術的に学ぶ★画房寺子屋の活動

 

ブログ更新はFBにてお知らせしています

https://www.facebook.com/teracoya8/

 

 

▶︎現在受け付け中のWS

 

子どもクラス

>1学期にじみ絵クラス

 

 

▶︎近日お申し込み受付開始!

 

大人の寺子屋2018年度前期

にじみ絵技能習得プログラム

 

バイオグラフィーワーク