目に見えないこころを捉えるには目に見えるボトルが助けになる

9歳頃の「〜ねばならない」場面。

「人生の物語」では、同じようなテーマが繰り返し現れてきます。

 

 

新月と満月のタイミングで、自分のために

バッチ・フラワーレメディを調合しています。

 

これは「感情のエクササイズだ」と思っています。

 

いま、わたしが使っているレメディの1つは

「ロックウォーター」です。

 

 

 

 

「君ってさ、自分にミスがある時にパニクるよね」

 

と先日、連れ合いに指摘されました。

あらためて

 

「頑張れば何でもできる(はず)」っていう前提で

生きていることに気づきます。

 


「そりゃ辛いよね。そんなのいいんだよ」

 

と自分に声をかけ、

レメディを助けにしてバランスを取り戻します。

 


あれ?これって「オーク」かな?

 


いやいや。

 


今回は「ミスしない完璧な自分でなければならない」

が発動したんだから、ロックウォーターです。

 


「こころが喜ぶ芸術的な学び」

子どもと大人が芸術的に学ぶ★画房寺子屋の活動

 

 

▶︎現在受け付け中

子どもクラス

春休み集中クラス3/26-28
>春休み追加クラス
3/30-4/1お問い合わせください

大人の寺子屋

エコショップイトコー4/3九九の星」糸かけ作り

 

 

▶︎現在準備中

子どもクラス2018年度1学期

にじみ絵クラス

 

大人の寺子屋2018年度前期

にじみ絵技能習得プログラム

 

バイオグラフィーワーク