· 

象徴言語の絵と、共通言語を使うべきブログと

 

絵を描くときには

全部広げて、とっちらかして、カオスの状態にして
そこから「なんか知らんけど」
シュッと現れたり、ぼわわ~んと現れたりするものを
削り出すような作業をしてる。

 


ブログを書くときに

「人に伝わらない文章」というのは
まだまだカオスの状態なんだな。

 

 

 

 

ーーーーー

 

はじめにロゴスありき

ロゴスは神とともにあり

ロゴスは神であった。

 


はじめに言葉ありき

言葉は神とともにあり

言葉は神であった。

 

 

はじめに宇宙理性ありき

宇宙理性は神とともにあり

宇宙理性は神であった。

 

ーーーーー

 

 

 

 

 

混乱の時を経て、まだリハビリ中だけど
ずいぶん「自分」を取り戻しつつある。

 

 

自分の中の「ロゴス」を見つけて

 

削り出すような作業は、つづく。

 

 

 


画房寺子屋では、

 

ものがたりの語りきかせを聞いて

子どもたちがを描きます。

 

 

子どもたちのココロを耕し、

 

まだ言葉にできない子どものココロを

子どもが得意な

象徴言語の絵で表現するのを助けています。

 

ーーー

 

 

 

【子どもと大人が芸術的に学ぶ★画房寺子屋】

 

子どもクラス★シュタイナーの水彩画と日曜クラス

 2017年度3学期の詳細記事

 

大人の寺子屋★ワークショップと技能習得プログラム

 2017年度後期の詳細記事