· 

子どもたちは芸術家だから★どんどん映画監督をさせてあげよう

大人だって、夜中に2時間あまりの映画を見たら、そこから眠れなくなっちゃうわけですよ。

 

もっと柔らかい頭と心の、シールド、防護壁が弱いっていうか、むしろ環境から全てスポンジのように吸収する子どもは、数日間、頭のなかは「SW最後のジェダイ」ダダダダダッと戦争の映像と音に支配されてしまう。

 

その間、自分の頭で考えること、自然の声を聞くこと、感じることが、追い出されてしまう。

 

いくら素晴らしい作品でも

「他人が作った」世界に、取り込まれてしまう。

 

 

 

 

 

月に1、2回ですが

 

画房寺子屋に来た子どもたちには、物語を素話で語りきかせしています。

 

 

 

絵本の挿絵もないので、映像は

 

自分の頭の中で

自分の想像力を使って

 

思い浮かべているはずです。

 

 

 

 

様々な刺激にさらされて、落ち着かない様子だった子どもも

ぐ〜~っと深く集中していきます。

 

 

 

 

小さな映画監督たちは

それぞれのメガホンを振って

 

 

「自分オリジナルの映像」を創り出しています。

 

 

 


 

子どもクラスは水彩画が月2回、総合学習の日曜クラスは月1回あります。

>子どもクラス詳細へ