· 

自分理念★根本的な考え方を言葉にする

画像:バイオグラフィーワークのなかのアートワーク(芸術活動)で作った「28歳の頃の活動」

自宅の2階にあげる画房寺子屋の看板を描いているところ。

何を大切にして(価値観)

何を目指すか(目的)

 

あらためて言葉にすると、自分自身が励まされます。

 

 


「そうだよ、そうだよ!その通り!」

 

 


言語化することで、

 

 

自分の行こうとする道は、間違っていない。

 

 

と確認できるので、オススメです。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

さて、わたしの理念は…

 

 

【大切にしていること】

  • 「本質的なことを学びたい、世界に感動したい、自分の手で表現したい」この望みを実現するのが、シュタイナー教育だと考えています。

  • 「自分自身」を子どもは育み、大人は回復を感じて、自己肯定感を得ていくことが大切だと考えています。

 

【 目 的 】

  • 子どもは芸術家です。子どもと、大人の「内なる子ども」の創造性を解放しましょう。

 

  • バイオグラフィーワークでは、少人数のグループで「お互いの物語」を分かち合いながら、新しいまなざしで経験をとらえ直して、わたしの物語を紡いでいきましょう。

 

  • 画房寺子屋は、子どもと大人の自己肯定感を育む場であることが目的です。

     

     

     


わたしはわたしが大好きなことをしています。


それが子どもや大人の笑顔にもつながったら

めっちゃ幸せです。


【画房寺子屋★子どもと大人のリベラルアーツ】


子どもクラス★にじみ絵と日曜クラス


>2017年度3学期の詳細ブログ

>申し込みフォーム

 

 

 

大人の寺子屋★ワークショップと技能習得プログラム

 

>2017年度後期の詳細記事

>申し込みフォーム