つい足し算をしがちなんだけど、それよりも

ここ数ヶ月、

 

福祉施設で働いている
複数の女性との出会いが続きます。

 

 

保護や養育を必要とする子どもたちを

日々、ケアしている彼女たち。

 

お休みが不定期なのも共通。

 

 

ハードなお仕事だと感じます。

 

 

 

 

わたしの水彩画のスキルをお伝えしたらどうかな?

 

子どもたちと一緒に絵を描けたら、

きっと子どもたちにも良いだろうな

 

 

 

いえいえ。

 

いまは「足し算」をするより、

 

 

 

 

 

ご本人が

水彩画を描いて、喜ばれていること

仲間を得て、嬉しそうなこと

 

 

これが、大切なのではないかな。

 

 

 

 

すこし現場から離れて

自分個人に戻って

 

大きく息を

吐いたり吸ったり

 

 

 

「汝自身を癒せ」*

 

 

大人自身が

 

リフレッシュして

ご機嫌であること。


 

それがきっと

 

 

子どもたちにも

良いことになるんでしょう




*バッチフラワーレメディ創立者の
バッチ博士の言葉。

 


わたしはわたしが大好きなことをしています。


それが子どもや大人の笑顔にもつながったら

めっちゃ幸せです。


【画房寺子屋★子どもと大人のリベラルアーツ】


子どもクラス★にじみ絵と日曜クラス


>2017年度3学期の詳細ブログ

>申し込みフォーム

 

 

 

大人の寺子屋★ワークショップと技能習得プログラム

 

>2017年度後期の詳細記事

>申し込みフォーム