より良いアイデアを引き出す方法

今日の

バッチフラワーレメディ研修2日目(最終日)では、

より良いアイデアを引き出すために

 

「話す人・聴く人・見守る人」の3人で

グループワークを行ないました。


う~ん❣️あらためて

グループワークのもつ可能性を感じました。

 

 

 

 

バイオグラフィーワークにも、

 

「話すひとり・傾聴する2人」の3人で

人生の一場面について共有するワークがあります。

 

 

そこに

ーーーーーー

●静かに話を聞いてくれる相手がいる

 

●話すことで手放せることがある

 

●話すことで新しく気づくことがある

ーーーーーー

 

 

相手が自分の「写し鏡」や「受け皿」になって、

 

自分のなかの「引っかかって詰まっている」アイデアを

ポン★と外して引き出してくれる感じです。

 

(ムリムリ引っ張り出すんじゃなくてね。)

 

 

 

「話す人・聴く人・見守る人」

「話すひとり・傾聴する2人」

 

 

 

どちらの場合も

役割を交代しながら

お互いのアイデアの詰まりを

 

ポン★と外していきたいです!


わたしはわたしが楽しく出来ることを続けます。

それが子どもや大人の笑顔につながったら

めっちゃ幸せです。


【画房寺子屋★子どもと大人のリベラルアーツ】


子どもクラス★にじみ絵と日曜クラス


>2017年度3学期の詳細ブログ

>申し込みフォーム

 

 

 

大人の寺子屋★ワークショップと技能習得プログラム

 

>2017年度後期の詳細記事

>申し込みフォーム