· 

運営を長く続けるコツ★

2/2(金)中日新聞14面東三河版で

「自習室カフェ 開設へ」とカラー写真付きの記事になっています。

 

 

 

ガーデニングの会社を経営する知人が、

中高生に解放する学習支援カフェ「自習室&カフェtalk」をはじめるというので

 

ボランティア説明会に行って来ました。(20分も早く着いちゃった。)

 

 

ほっほっほ。テンパってる★テンパってる

 

はいはい。わたしが代わりにコーヒーを淹れるから、あなたは席で待たせているお客様とお話をしてください。

 

まぁ、市役所の方じゃないの!しっかり協力を取り付けてね。

 

 

 

わたしにはとても出来ないけれども、ただ見ているだけも、出来なかったのです。

 

とりあえず彼女の代わりに、集まった方々へ飲み物を給仕して皿洗いをすることが出来ます。

 

あと、この記事を書いてシェアすることも。

 

 

現実はメチャ大変だと思うけど、きっと、楽しくなければ続かない。

 

楽しんで運営するセンスと技量が必要なんでしょう。

 

 

 

 

ご両親が「地域のために役に立てて欲しい」と残された土地と建物を

彼女が自腹を切って、自分で出来るところはDIYをしながら改装しました。

DIY
をしている様子をFacebookで更新するのを見ると、なんだか楽しそう。

 

 

 

 

学習支援ボランティアの大学生が

 

「自分たちで支援計画を立てて実行したい」


と言っているそうです。

学生が主体的にボランティアに取り組む場になったら


彼ら自身がやりがいを感じられて楽しいし
彼ら自身の大きな力となることでしょう。

 

 

 

 

学習支援のほかに

 

昼間のカフェの日替わり店長や給仕さん

ワークショップなどの会場として有料使用することで


運営に協力できることがありそうです。

 

 

 

ボランティアさん募集の説明会

 

22日(金)午後2時~430分 終了

22日(金)午後6時~730分 終了

23日(土)午後2時~430

 

豊橋市老松町194にて

 

 

CAMPFIREクラウドファンディング
1クラスに5人も?貧困家庭の中高生のための学習支援カフェ作りに力を貸してください」

https://camp-fire.jp/projects/view/59644

 

 

カフェをはじめる経緯や、DIY日記も読めます。


わたしもわたしの楽しく出来ることを続けます。
それが子どもや大人の笑顔につながったらメチャ幸せです。


【画房寺子屋★子どもと大人のリベラルアーツ】


子どもクラス★にじみ絵と日曜クラス


>2017年度3学期の詳細ブログ

>申し込みフォーム

 

 

 

大人の寺子屋★ワークショップと技能習得プログラム

 

>2017年度後期の詳細記事

>申し込みフォーム