撮影/和田直美 ナチュリラ『大人になったら、着たい服 2017春夏』より 山下りかさんは、80-90年代に女の子から圧倒的に支持された 雑誌Oliveのスタイリストとして活躍されていました。 その後、渡米されてシュタイナー教育に出会い、 ルドルフ・シュタイナーの助言をもとに 音楽療法のために作られた弦楽器ライアーに出会われます。 手しごととライアーは、...

魂のこよみ · 2020/02/16
ーーーーーーーーーーーー 本当に実現したいことは 子どもたちが 幸せでいること 幸せでいることって 自分がそのままであり それを受け入れられている と感じられること それぞれのタネが 地上に芽吹いて ゆたかに生い茂ること 観る 感じる 考える わたしがここにいて 精一杯 生きること

魂のこよみ · 2020/02/09
ーーーーーーーーーーーー 落ち込む、ということは その時に留まる、ということ。 むしろ 恥ずかしい、と思うべき。 自分が ものが見えていない 思考が働いていない と気づけたのは、進歩か。 自分のなかの 魔を滅する 魔滅(まめ)まきが もう一度、必要だ。 鬼は〜そと! 福は〜うち! あら、あのお宅 1週間まちがえてらっしゃる??

魂のこよみ · 2020/02/02
ーーーーーーーーーーーー 立春のある週、 R.シュタイナー第44週の箴言でも あらたな感覚の刺激 からまりあい芽吹く万物の生成 について 触れられています。 2月は 植物観察をはじめるのに 良い時期かもしれません。

魂のこよみ · 2020/01/31
ーーーーーーーーーーーー オレの心は燃えているぜ(赤) 外の世界は冷えているぜ(青) すみません。 先々週の「嫌われる勇気」に続き きのう「幸せになる勇気」を 読んだばっかなんで。

魂のこよみ · 2020/01/25
ーーーーーーーーーーーー 1/23「章吾先生とおしゃべりランチ会」in幸田駅前書店を 無事に開くことができました。 博学な章吾先生から、 たくさんお話を伺いましたよ! 9歳児のこと 動物学や植物学のこと 2種のコインで考える累乗etc… おまけに発声トレーニング法まで! なかでも「ふたりのヴィーナス」のお話が、 わたしは、とても興味深かったです。

魂のこよみ · 2020/01/15
ーーーーーーーーーーーーーーーー 22歳の息子が読んでた 「嫌われる勇気」 自己啓発の源流「アドラー」の教え (岸見一郎、古賀史健) ラッパーの同級生も、愛読書だって。 そうか。 遅ればせながら、 わたしも読んでみた。 あ~ なるほど。 色々な言葉に納得。 そのなかでも、 「いま、ここ」に強烈なスポットライトを当てよ M.エンデの「モモ」に出てくる...

魂のこよみ · 2020/01/06
ーーーーーーーーーーーーーーーー は、は、は、は、はじめてかも! 「聖なる12夜」の夢を ほぼ、すべて書き残せたのは 今後の12ヶ月を占う 夢日記(12/26-1/6) これからの1年が濃縮した この時期に これまでの1年を決算事務して 振り返ることになったのも なかなか良かった 去年のいま頃の自分と、いまは別人! 8月にも、さらにもう一皮むけてた!...

子どもクラス · 2019/12/30
夏に続いて、3日間のエポック授業です。 今回は、集まってくれた子どもたちの様子を聞いてから詳しい内容を決めました。 いま、画房寺子屋の毎月の子どもクラスは、小学3年生が中心です。 この子たちと、遠くからの1年生が2名加わった、9~5名で行います。 そう。理想は3日間だけど、1日だけ参加の子にも...

魂のこよみ · 2019/12/29
ーーーーーーーーーーーーーーー いま、ふたたび わたしはわたしでいい わたしはわたしである と考える力が 目覚めてきた わたしの見たくない感情は 無意識へもぐって わたし自身を振り回す だから、時々 虫干しする 意識の光で 明るく照らす あ~そんな風に わたしは感じていたのか そんなわたしも いとおしい わたしはわたしでいい わたしはわたしである

さらに表示する