魂のこよみ · 2020/03/22
ーーーーーーーーーーーー 先日、わたしは 画房寺子屋でおこなっている 芸術研修コースのなかで 参加者の言葉に ハッとしました。 ーーー 土曜クラスをしています。 子どもたちを見ていると、 園児さんの時から にじみ絵をしている子は 授業でも 「聴く」準備ができている と感じます。 ーーーーー 本当に、その通りです! にじみ絵の 物語の語りきかせと...

魂のこよみ · 2020/03/16
ーーーーーーーーーーーー 興味深い話を聞きました。 アクアリウム(熱帯魚の飼育)では 魚とバクテリアの関係は 人間(動物)と植物の関係のようだと。 お互いの「必要なもの」を お互いの「不必要なもの」と 交換することで 共生しているのだと。 人間(動物)と植物は 酸素と二酸化炭素。 魚とバクテリアなら 酸素とアンモニア。 最初の数ヶ月は...

魂のこよみ · 2020/03/08
ーーーーーーーーーーーー ▶︎キリスト者共同体の司祭から、メッセージです。 「光の輪 CORONA」 ▶︎祈りの言葉を、あわせて紹介します。 ルドルフ・シュタイナー 「受容のための祈り」

魂のこよみ · 2020/03/01
ーーーーーーーーーーーー 突然の全国休校を聞いて まず、はじめに決めたのは 「子どもクラス」の通常開催です。 子どもの居場所と 保護者の息抜きに 画房寺子屋は開けておこう。 実際に参加するかどうかは 家庭で判断して下さればいい。 で。 自分が感染源になっちゃ アカンから、 そのリスクを下げるために 東京での研修や仕事 訪れようとしていた展覧会...

魂のこよみ · 2020/02/28
ーーーーーーーーーーーー 不安と不信からは 何も生まれない。 春なんだもの! 車椅子の愛犬と見た 近所の河津桜と菜の花を 今年は、ひとりで見る。

撮影/和田直美 ナチュリラ『大人になったら、着たい服 2017春夏』より 山下りかさんは、80-90年代に女の子から圧倒的に支持された 雑誌Oliveのスタイリストとして活躍されていました。 その後、渡米されてシュタイナー教育に出会い、 ルドルフ・シュタイナーの助言をもとに 音楽療法のために作られた弦楽器ライアーに出会われます。 手しごととライアーは、...

魂のこよみ · 2020/02/16
ーーーーーーーーーーーー 本当に実現したいことは 子どもたちが 幸せでいること 幸せでいることって 自分がそのままであり それを受け入れられている と感じられること それぞれのタネが 地上に芽吹いて ゆたかに生い茂ること 観る 感じる 考える わたしがここにいて 精一杯 生きること

魂のこよみ · 2020/02/09
ーーーーーーーーーーーー 落ち込む、ということは その時に留まる、ということ。 むしろ 恥ずかしい、と思うべき。 自分が ものが見えていない 思考が働いていない と気づけたのは、進歩か。 自分のなかの 魔を滅する 魔滅(まめ)まきが もう一度、必要だ。 鬼は〜そと! 福は〜うち! あら、あのお宅 1週間まちがえてらっしゃる??

魂のこよみ · 2020/02/02
ーーーーーーーーーーーー 立春のある週、 R.シュタイナー第44週の箴言でも あらたな感覚の刺激 からまりあい芽吹く万物の生成 について 触れられています。 2月は 植物観察をはじめるのに 良い時期かもしれません。

魂のこよみ · 2020/01/31
ーーーーーーーーーーーー オレの心は燃えているぜ(赤) 外の世界は冷えているぜ(青) すみません。 先々週の「嫌われる勇気」に続き きのう「幸せになる勇気」を 読んだばっかなんで。

さらに表示する